2016年11月9日水曜日

アクセス関西集会報告

10月10日に毎年恒例のアクセス関西集会が行われました。
奈良文化会館。少し古いですが趣のある建物です
今回で5回目の同集会の会場は奈良県。奈良公園横の一等地にある奈良文化会館には約100名が集まりました。
最初に奈良のCILである「フリーダム21」の米本佳由さんの基調講演がありました。内容は奈良県の差別解消条例について。
条例が出きるまでの過程を話してくれました。
請願の採択などの議会対策、知事への個人的な働きかけを続け、2014年6月には条例を検討する委員会が結成、米本さんも委員の一人になりました。
当事者が過半数ではありませんでしたが、知的、精神、視覚など様々な障害種別の方が委員となりました。委員会の議論の中で差別禁止に向けて「可能な限り」「できるところまで」 のような制限を設ける動きは多々ありましたが、米本さんらの声によって削除されました。
2015年2月の県議会で条例は全会一致で採択。6年がかりの取り組みでした。
京都と同様、相談窓口がつくられ、調整委員会もおかれました。 その一方で、県民へのアンケートでは8割の人が条例の存在を知りませんでした。多くの人に知られ、使われないと「宝の持ち腐れ」
となります。京都も同じことが言えるなと思いました。
今年も約100名が集ったアクセス関西集会

米本さんの講演のあとは、各地の取り組み報告です。三原ひろみさんは、弱視のため駅の照明が暗いことが命に関わります。節電が視覚障害者の生活を脅かすことのないよう訴えました。
おなじみの山名さんは京橋駅のエレベーター訴訟について、リングリングの矢野さんは財団からの助成金で店舗にスロープをつける話、リアライズの西留さんは南海電鉄の無人駅問題、などいろいろな種類の報告が聞くことが出来ました。
毎回書いていますが、まだまだ課題は多いです。
 誰もがどこにでも行けるような社会を作るために、バリアをなくしていく運動を続けていきましょう!

2016年4月20日水曜日

京都市バスの新しいバス

先日京都市バスの新しいバスに乗ったので報告です。
スロープが引き出し式で、固定もワイヤーフックでした。
同じバスがどれぐらい導入されているかなどは、これから調べます。





























2016年4月3日日曜日

JR藤森駅、京阪深草駅にエレベーターが設置

3年前に有志でバリアフリーチェックを行ったJR藤森駅と京阪深草駅にエレベーターが設置されましたので、見に行ってきました。
藤森は3月24日、深草は3月31日に完成しています。


深草駅はエレベーター設置に伴い、自由通路が新設されました。
ほとんど別の駅になってます。
自由通路

西側エレベーター入口
エレベーターは21人乗りでした。


旧自由通路。傾斜がきつくて車いすでは難しかった































深草駅のトイレが新しくなっていたかもしれませんが、はチェックできませんでした。


JR藤森駅は高台に駅があるため、構造物の変更は無し。見た目変わってません。
エレベーターを大きいものにしてほしかったですが、これで怖い思いをして特殊なエスカレーターに乗らなくてすみます。






エレベーターは11人乗り。
奈良方面ホーム

京都方面ホーム

2016年2月4日木曜日

市バスの乗務員研修

2月2日に京都市バスの新規採用乗務員の研修を行いました。
障害当事者参加の乗務員研修は今年で二回目です。
今年は前期後期合わせて60名が受講しました。
2月2日は、前期の30名が対象です。

プログラムは昨年とほぼ同様。
時間は1時間多く取ってもらい、車いすを使った実習が2時間に拡大しました。
充実した内容となったと思います。



前半は講義。矢吹代表と山名さんが担当しました。
電動車いすでバス乗降

バス乗降のデモ

言語障害があるスタッフがバス停名を言って、乗務員が聞き取る演習。言語障害があっても、ちゃんと本人と話す姿勢を大事にしてもらいます。            
手動車いすの体験

     





最後にグループディスカッションをやりました。感想とか意見とかを出し合います。



 また3月8日にも同様の研修をおこないます。
反省点を生かしてまたバージョンアップしていきたいです。
日常的にもバスを利用して、よりよい接遇になっていくようにしていかなければなりません。



       

















2015年10月12日月曜日

アクセス関西ネットワーク集会 inおおさか

10月10日、毎年恒例のアクセス関西ネットワーク集会が行われました。
今回の開催場所は大阪の大阪市中央会館です。
今年も100名近い当事者が集まり、会場は熱気に満ちあふれていました。


総会の後、大阪市交通局の森川さんの基調講演です。 
アクセス関西大賞も同局が受賞しました。


講演は交通局のバリアフリーの取り組みについてのでした。
パワーポイントを使い、分かりやすく話していただきました。

大阪市営地下鉄は長堀鶴見緑地線、今里筋線で車両とホームの段差隙間を解消して渡し板無しで乗り降りできるようになっています。
これは全国的に見ても画期的な取り組みです。
講演は導入の経緯や開発の苦労話(?)など興味深い内容でした。
ゴム材の接触試験や乗降試験などを行い、国の建築基準との整合性をつけたりしながら現在のものができたようです。
その他、沖縄、東京メトロ、大阪モノレール、京浜急行、など各地の同様の取り組みについても紹介されました。
京都でも同じようなことが実現できるよう、私たちも粘り強く活動していかなければなりません。

後半は各地の団体の取り組み報告です。
山名勝さんのオリパラにむけて、特に新幹線の問題。
吹田の総合的なバリアフリーの取り組み、波形手すりの問題、などなど。
共有しこれからの活動の糧となるような話が続きました。
 JCILからは市バス乗務員研修を報告しました。

関西各地からこれだけの人が集まり、バリアフリーの取り組みを共有し、全国に向けて発信する集会は大変意義があります。

集会の後、当日運用開始された地下鉄四条駅にホーム柵を見てきました。




2015年8月13日木曜日

アクセス関西の交渉

8月12日、アクセス関西として近畿運輸局と話し合いをしました。
関西の各団体からの活動報告を行い、バリアフリーのことを話し合う会議や研修などに当事者を参加することの大事さを理解してもらうことが目的です。
私たちからは市バスの職員、乗務員研修を報告し、各地阪急や南海との研修、無人駅の問題も話しました。報告の中では設置が進むロープ式ホーム柵について、特に視覚障害者の立場から懸念を伝えました。当事者の意見を聞かずに設置が進むことは大きな問題があります。
アクセス関西として今後も定期的に近畿運輸局と話し合いをすることを確認しました。
 
 
 

2015年6月11日木曜日

四条通の歩道拡幅に伴う交通問題について

「歩くまち京都」を掲げて、四条通の歩道道幅を広げる工事が続いています。
すでに各方面から賛否の声が上がっています。(否定的な意見が多いようですが)
その中で問題になっているのが、四条通の交通渋滞です。
場所によっては2車線となっているため、バスが停車すると追越ができません。
そのため、花見の頃には四条通を通過するだけで1時間近くかかってしまったこともあるようです。
車いす使用者にとってもバス乗車に影響があるでは、と云う懸念はJCIL内部でも上がっていました。
乗車に時間がかかるので、運転手の判断で乗車拒否される危険性があるということです。
そういうこともあって、先日調査に行ってきました。

ここは四車線


腕章、ゼッケンをつけた交通局片が二名バス停に配置されていました 





















身体障害者の優先乗車スペースがありました。これは安心かも





この白い部分はバスベイになる?これならバスで渋滞もありません。


「テラス型」のバス停。ここはバスが停車すると後ろの車は待つことになります。






















ストレッチャー型の手動車いすの方が調査に行ったのですが、問題なく乗車できました。
係員の方と運転手の連携があまりうまくいってないように感じましたが、 配置されたのが最近なので慣れてくると思います。