2017年8月29日火曜日

アクセス関西ネットワーク学習会


816日、大阪市・中央会館に尾上浩二さんをお招きし、アクセス関西ネットワークの学習会が行われました。
学習会の前に、我が会の宮川さん、高槻の北口さん、ちゅうぶの松崎さんという関西のバリアフリー運動を作ってきたの3名の方が相次いで亡くなり、追悼の時間がもうけられました。3名の意志受け継ぎ、運動を進めていくことが確認されたと思います。








学習会のテーマはバリアフリー法でした。 
バリアフリー法が作られ、電車やバスなどが整備され、エレベータや多機能トイレも車いす使用者など障害者が利用しやすい環境が整えられて来ています。しかし、地域間の格差は大きく、まだまだバリアがたくさんあります。具体的には、京橋駅のエレベータ訴訟が行われていますが、目的のホームに行くのにかなり時間がかかる問題、新設エレベータの規模、ホームと車両の段差解消、地方と都市の格差、無人駅の増加などがあります。そんな中、バリアフリー法の基準改訂の動きが進められており、今年5月には第一回の検討会が行われています。少しでも多くの当事者の意見が反映されたものにしていかなければなりません。

現在のバリアフリー法は2006年に制定されましたが、94年のハートビル法と00年の交通バリアフリー法が合わさってできたものです。特定建築物が対象だったのがハートビル法で、旅客施設・車両のバリアフリーを進め、重点整備地区のバリアフリーを進める重点整備地区を作り、住民の意見を採り入れたバリアフリー基本構想などを盛り込んだのが交通バリアフリー法でした。
バリアフリー法では、「移動円滑化基準」という基準を定めてそれに新設の建築物をあわせます。既存の施設は努力義務です。基本構想の策定も規定、駅前だけでなく経路や旅客施設を含まないエリアも対象となりました。住民提案の基本構想も可能になりました(ただし、これまでは土浦市の1件だけ・・・)。基本構想の数は2003年には65件が受理されていますが、2015年には15件にとどまっています。










バリアフリーを具体的に進めていくうえでの取り決めがガイドラインです。ガイドラインはバリアフリー法以前から存在しています。ガイドラインは、共通と個別があります。               トイレやエレベータ、車両など個別の設備ごとにガイドラインが作成されており、尾上さんはそれを詳しく解説してくれました。                             

バリアフリー法の課題についても話がありました。現在の法律は移動を保障するものにはなっていないとのことです。                                   
切れ目のない移動を確保する=「移動の権利」を確立していかなければなりません。
また、バリアフリー法では障害者の定義が機能障害を重視した医学モデルになっており、社会モデルを適用すべきだと、強調されていました。                        
基本構想については、作っておわりでフォローアップがされていない問題があります。当事者参加に関しても、ユーザーではなく団体の長(健常者が多い)が出席していることが多いといわれていましたが、これは京都も同様です。                                
来年の通常国会にはバリアフリー法の改正案が出てくることが予定されています。         
日本のバリアフリーはコンクリートに特化している面があって、情報の保障が遅れているようです。
各地の条例で国の基準に「上乗せ横だし」をしていく運動も重要です。         
大阪府では、国の法律では2000平米の学校がバリアフリー化の対象ですが、府の条例ではすべての学校が対象となっていたり、コンビニも国は2000平米ですが、府は200平米が対象です。

地域での取り組みが大事だということがよくわかる学習会でした。

2017年5月19日金曜日

アクセス関西の総会と学習会



517日、アクセス関西の総会と学習会が大阪市内で開かれました。
前半の総会は今年度来年度の活動、予決算の報告がありました。
総会はサクサク進み、後半の学習会です。
講師の尾上浩二さんがバリアリーの歴史をはなしてくれました。




以下不十分な要約

バリアフリー法から17年がたち、年は進んだが地方は変わらず、地域間格差が大きくなっているとまず話されました。そうした中で、バリアフリー法の改定が動き始めており、この時期にしっかり障害者運動として取り組むべきで、アクセス運動の歴史を振り返ることそれに資することになります。








お話は70年代を振り返ることから始められました。
福祉の町づくり運動は、1969年の仙台の「生活圏拡大運動」から始まった。車いす市民集会も定期的に開催されるようになりました。
70年代は介助者なしで電車に乗れなかったので、その撤回を求める運動。
駅舎のバリアフリー化、とりわけエレベータの設置を求める運動、などが行われました。
車いす使用者、障害者が街に出ることがとても難しかった時代で、交通事業者との間でのトラブルは日常茶飯事だったようです。
道路に関しても横断歩道がなくなり、歩道橋が造られるといった車優先の発想が根強くあった。
1973年車いす市民全国集会 準備をする中で障害者同士の結びつきができて団体の結成にもつながったようです。76年に京都大会があり、それをきっかけにJCILができました。
ハンディキャブの運動は1972年に東京・町田で始まりました。
電動車いすの普及の取り組みも紹介されました。
70年代は国産の電動がなく、海外のメーカーの製品を輸入していましたが、補助の対象外でした。東京都で独自に電動の貸与をする制度ができ、補装具制度が79年に作られ、電動に乗る人が増えてきました。






代表的なアクセス運動も紹介されました。
視覚障害者のホーム転落事故の防止を求める運動が73年の高田馬場駅での転落事故から始まりました。訴訟も起こされ85年に国鉄と遺族が和解しています。その結果、点字ブロックの敷設が進みました。
85年には駅員の車いす介助は正規の義務と認められるようになりました。

路線バスの運動
77年の川崎バスジャック事件は有名です。
川崎にも「青い芝の会」の事務所があり、多くの障害者が集まっていましたが、バスの対応はとてもひどく、100名の障害者が市営バスなどに乗り込み抗議しました。
91年には大阪でリフトバスが走りました、その後京都神戸もつづきました。

95年の阪神大震災で倒壊した阪急伊丹駅の復旧に当事者が参加する動きも紹介されました。

バリアフリーとエンパワメント

バリアフリー運動はエンパワメントにつながるという話も興味深かったです。
〇障害者参画の意義が具体的にわかる
  当事者が入らないとできたものが使えないことはよくあります

〇障害種別を越えた連帯ができる
  これは最近特に感じることがあるテーマです。障害によって使いやすさ、使いにくさは
  様々です。それぞれの意見を調整することがとても大事です。

〇地域住民との連携ができる
〇自己主張のトレーニング

バリアフリーの運動はとても豊かな内容を持っていて、取り組む中で広がりを獲得していくのです。
尾上さんは「西高東低」という表現で、バリアフリーを引っ張ってきたのは関西の運動だと言われました。
その伝統を受け継ぎ、様々な課題を解決していきたいですね。


2017年2月2日木曜日

京都市交通局新採乗務員研修

1月31日、京都市交通局が新規採用するバス乗務員への研修を行いました。
今回で3回目になります。
プログラムは例年通り、3部構成で1部が講義、2部が実習、3部がグループディスカッションです。
今年は実習の時間を長くしてもらい、その分3部が短くなりました。


講義はJCIL代表矢吹の運動の歴史、山名勝さんの京都市バスのバリアフリーに関する話、JCIL小泉の様々な障害者のバス利用について、みみづくの会の持田さんの手話講習です。
今年は手話言語条例の制定に合わせて、手話の時間を設けました。

2部は車いすの実習です。手動車いす、電動車いす、バス乗降、の三つの体験をしてもらいました。電動のコーナーではコミュニケーションの大事さを知ってもらうため、言語障害バス停名あてクイズを行いました。


3部はグループデスカッション。時間は短かったですが、受講者の話を聞くことができて有意義でした。
車いすでバスを利用する上で、乗務員の役割がとても大きいことが分かってもらえたのではないかと思います。                   
今後も研修を続けて、だれもが安心して乗れるバスになってもらいたいですね。      

2016年12月22日木曜日

JCIL事務所の前のバス停が新しくなりました

先日、JCIL事務所の前のバス停が新しくなりました。
バス停は「十条油小路」で、屋根がつき掲示板も見やすくなっています。
京都市の担当者の人が設置前からJCILに話に来てくれていました。
広告が大きくて、運転手から乗客が見えないことがありますので、そうならないように要望していました。
広告はバスの進行方向とは逆についていますので、その点は良かったと思います。

工事中の模様



















乗りやすくなったとメンバーの談有



















マウントアップの部分もきれいに舗装されています





ちゃんと正着してほしいですね