2017年5月19日金曜日

アクセス関西の総会と学習会



517日、アクセス関西の総会と学習会が大阪市内で開かれました。
前半の総会は今年度来年度の活動、予決算の報告がありました。
総会はサクサク進み、後半の学習会です。
講師の尾上浩二さんがバリアリーの歴史をはなしてくれました。




以下不十分な要約

バリアフリー法から17年がたち、年は進んだが地方は変わらず、地域間格差が大きくなっているとまず話されました。そうした中で、バリアフリー法の改定が動き始めており、この時期にしっかり障害者運動として取り組むべきで、アクセス運動の歴史を振り返ることそれに資することになります。








お話は70年代を振り返ることから始められました。
福祉の町づくり運動は、1969年の仙台の「生活圏拡大運動」から始まった。車いす市民集会も定期的に開催されるようになりました。
70年代は介助者なしで電車に乗れなかったので、その撤回を求める運動。
駅舎のバリアフリー化、とりわけエレベータの設置を求める運動、などが行われました。
車いす使用者、障害者が街に出ることがとても難しかった時代で、交通事業者との間でのトラブルは日常茶飯事だったようです。
道路に関しても横断歩道がなくなり、歩道橋が造られるといった車優先の発想が根強くあった。
1973年車いす市民全国集会 準備をする中で障害者同士の結びつきができて団体の結成にもつながったようです。76年に京都大会があり、それをきっかけにJCILができました。
ハンディキャブの運動は1972年に東京・町田で始まりました。
電動車いすの普及の取り組みも紹介されました。
70年代は国産の電動がなく、海外のメーカーの製品を輸入していましたが、補助の対象外でした。東京都で独自に電動の貸与をする制度ができ、補装具制度が79年に作られ、電動に乗る人が増えてきました。






代表的なアクセス運動も紹介されました。
視覚障害者のホーム転落事故の防止を求める運動が73年の高田馬場駅での転落事故から始まりました。訴訟も起こされ85年に国鉄と遺族が和解しています。その結果、点字ブロックの敷設が進みました。
85年には駅員の車いす介助は正規の義務と認められるようになりました。

路線バスの運動
77年の川崎バスジャック事件は有名です。
川崎にも「青い芝の会」の事務所があり、多くの障害者が集まっていましたが、バスの対応はとてもひどく、100名の障害者が市営バスなどに乗り込み抗議しました。
91年には大阪でリフトバスが走りました、その後京都神戸もつづきました。

95年の阪神大震災で倒壊した阪急伊丹駅の復旧に当事者が参加する動きも紹介されました。

バリアフリーとエンパワメント

バリアフリー運動はエンパワメントにつながるという話も興味深かったです。
〇障害者参画の意義が具体的にわかる
  当事者が入らないとできたものが使えないことはよくあります

〇障害種別を越えた連帯ができる
  これは最近特に感じることがあるテーマです。障害によって使いやすさ、使いにくさは
  様々です。それぞれの意見を調整することがとても大事です。

〇地域住民との連携ができる
〇自己主張のトレーニング

バリアフリーの運動はとても豊かな内容を持っていて、取り組む中で広がりを獲得していくのです。
尾上さんは「西高東低」という表現で、バリアフリーを引っ張ってきたのは関西の運動だと言われました。
その伝統を受け継ぎ、様々な課題を解決していきたいですね。


2017年2月2日木曜日

京都市交通局新採乗務員研修

1月31日、京都市交通局が新規採用するバス乗務員への研修を行いました。
今回で3回目になります。
プログラムは例年通り、3部構成で1部が講義、2部が実習、3部がグループディスカッションです。
今年は実習の時間を長くしてもらい、その分3部が短くなりました。


講義はJCIL代表矢吹の運動の歴史、山名勝さんの京都市バスのバリアフリーに関する話、JCIL小泉の様々な障害者のバス利用について、みみづくの会の持田さんの手話講習です。
今年は手話言語条例の制定に合わせて、手話の時間を設けました。

2部は車いすの実習です。手動車いす、電動車いす、バス乗降、の三つの体験をしてもらいました。電動のコーナーではコミュニケーションの大事さを知ってもらうため、言語障害バス停名あてクイズを行いました。


3部はグループデスカッション。時間は短かったですが、受講者の話を聞くことができて有意義でした。
車いすでバスを利用する上で、乗務員の役割がとても大きいことが分かってもらえたのではないかと思います。                   
今後も研修を続けて、だれもが安心して乗れるバスになってもらいたいですね。      

2016年12月22日木曜日

JCIL事務所の前のバス停が新しくなりました

先日、JCIL事務所の前のバス停が新しくなりました。
バス停は「十条油小路」で、屋根がつき掲示板も見やすくなっています。
京都市の担当者の人が設置前からJCILに話に来てくれていました。
広告が大きくて、運転手から乗客が見えないことがありますので、そうならないように要望していました。
広告はバスの進行方向とは逆についていますので、その点は良かったと思います。

工事中の模様



















乗りやすくなったとメンバーの談有



















マウントアップの部分もきれいに舗装されています





ちゃんと正着してほしいですね



2016年11月9日水曜日

アクセス関西集会報告

10月10日に毎年恒例のアクセス関西集会が行われました。
奈良文化会館。少し古いですが趣のある建物です
今回で5回目の同集会の会場は奈良県。奈良公園横の一等地にある奈良文化会館には約100名が集まりました。
最初に奈良のCILである「フリーダム21」の米本佳由さんの基調講演がありました。内容は奈良県の差別解消条例について。
条例が出きるまでの過程を話してくれました。
請願の採択などの議会対策、知事への個人的な働きかけを続け、2014年6月には条例を検討する委員会が結成、米本さんも委員の一人になりました。
当事者が過半数ではありませんでしたが、知的、精神、視覚など様々な障害種別の方が委員となりました。委員会の議論の中で差別禁止に向けて「可能な限り」「できるところまで」 のような制限を設ける動きは多々ありましたが、米本さんらの声によって削除されました。
2015年2月の県議会で条例は全会一致で採択。6年がかりの取り組みでした。
京都と同様、相談窓口がつくられ、調整委員会もおかれました。 その一方で、県民へのアンケートでは8割の人が条例の存在を知りませんでした。多くの人に知られ、使われないと「宝の持ち腐れ」
となります。京都も同じことが言えるなと思いました。
今年も約100名が集ったアクセス関西集会

米本さんの講演のあとは、各地の取り組み報告です。三原ひろみさんは、弱視のため駅の照明が暗いことが命に関わります。節電が視覚障害者の生活を脅かすことのないよう訴えました。
おなじみの山名さんは京橋駅のエレベーター訴訟について、リングリングの矢野さんは財団からの助成金で店舗にスロープをつける話、リアライズの西留さんは南海電鉄の無人駅問題、などいろいろな種類の報告が聞くことが出来ました。
毎回書いていますが、まだまだ課題は多いです。
 誰もがどこにでも行けるような社会を作るために、バリアをなくしていく運動を続けていきましょう!

2016年4月20日水曜日

京都市バスの新しいバス

先日京都市バスの新しいバスに乗ったので報告です。
スロープが引き出し式で、固定もワイヤーフックでした。
同じバスがどれぐらい導入されているかなどは、これから調べます。





























2016年4月3日日曜日

JR藤森駅、京阪深草駅にエレベーターが設置

3年前に有志でバリアフリーチェックを行ったJR藤森駅と京阪深草駅にエレベーターが設置されましたので、見に行ってきました。
藤森は3月24日、深草は3月31日に完成しています。


深草駅はエレベーター設置に伴い、自由通路が新設されました。
ほとんど別の駅になってます。
自由通路

西側エレベーター入口
エレベーターは21人乗りでした。


旧自由通路。傾斜がきつくて車いすでは難しかった































深草駅のトイレが新しくなっていたかもしれませんが、はチェックできませんでした。


JR藤森駅は高台に駅があるため、構造物の変更は無し。見た目変わってません。
エレベーターを大きいものにしてほしかったですが、これで怖い思いをして特殊なエスカレーターに乗らなくてすみます。






エレベーターは11人乗り。
奈良方面ホーム

京都方面ホーム

2016年2月4日木曜日

市バスの乗務員研修

2月2日に京都市バスの新規採用乗務員の研修を行いました。
障害当事者参加の乗務員研修は今年で二回目です。
今年は前期後期合わせて60名が受講しました。
2月2日は、前期の30名が対象です。

プログラムは昨年とほぼ同様。
時間は1時間多く取ってもらい、車いすを使った実習が2時間に拡大しました。
充実した内容となったと思います。



前半は講義。矢吹代表と山名さんが担当しました。
電動車いすでバス乗降

バス乗降のデモ

言語障害があるスタッフがバス停名を言って、乗務員が聞き取る演習。言語障害があっても、ちゃんと本人と話す姿勢を大事にしてもらいます。            
手動車いすの体験

     





最後にグループディスカッションをやりました。感想とか意見とかを出し合います。



 また3月8日にも同様の研修をおこないます。
反省点を生かしてまたバージョンアップしていきたいです。
日常的にもバスを利用して、よりよい接遇になっていくようにしていかなければなりません。